グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 健診センター  > 子宮がん検診

子宮がん検診

子宮頸がん検診を受けましょう

子宮頸がんは定期的な検診で早期発見することが出来ます。
子宮頸がんは、生命だけでなく、妊娠や出産の可能性がなくなってしまうなど、女性にとって大きな影響を及ぼす病気ですが、定期的な検診によって早期に発見することもできます。
子宮頸がん検診は、科学的な方法により、がん検診として効果があると評価されており、死亡率の減少も明らかになっています。10~20代の若い女性でも発症する可能性があるため、症状がなくても1~2年に1回は定期的に検診を受けましょう。
検診では、主に視診や細胞診を受けますが、検診にかかる時間は5分程度です。
お気軽にお問合せください。

担当医 白岩 幹正 医師 
    所属学会など:日本産科婦人科学会(専門医)、日本産婦人科医会(会員)
    日本医師会認定産業医:日本産業衛生学会(会員)、産業ストレス学会(会員)
    予備自衛官(佐官):日本防衛衛生学会

実施日 月、火、木、金曜日の午前(9:00-12:00)・午後(13:30-17:30)