グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤科

 


薬剤科には現在、常勤薬剤師4名、非常勤薬剤師3名、事務員1名、合計8名が在籍しており、外来調剤業務院内調剤業務薬剤管理指導業務DI業務薬事委員会開催を担当し、1階の調剤室・薬局・DI室・薬局カウンターから2階の注射薬品庫、各階の病棟ナースステーション、そして患者様のベッドサイド等幅広く活動しています。

外来調剤業務

  • 当院では外来患者様の利便性を踏まえ、院内薬局でお薬を調剤しています。院外処方せんを持ってもう一度他の薬局に行く手間が省けリーズナブルです。
  • かかりつけ薬局や、自宅の近所の薬局での調剤を希望されたり、また当院に未採用の薬剤を希望される患者様には、院外処方せんの発行も承っています。
  • 内服薬の剤数が多く内服しにくい場合、ご希望であれば一包化も行っています。その際出来上がりまで多少のお時間をいただくことをご了承ください。また、お薬の種類によっては品質保持の観点から一包化できないことがありますことご承知おきください。
  • 当院採用薬としてジェネリック医薬品の採用を積極的に行っています。新たにAG薬品(オーソライズドジェネリック薬品)が発売された場合には先発品同等なので発売当月または翌月には採用薬を切り替えています。
  • お薬の飲み方や飲み合わせ等の質問には電話でもお答えしています。
  • 当院のお薬以外のことでもお気軽にお問合せください。患者様に合せた情報の提供を常に心がけています。

院内調剤業務

  • 入院されている患者様のお薬が適正に投与されることを第一に考え、内服剤・外用剤・注射剤の調剤を行っております。
  • 安全性と利便性の向上のため、内服薬は一包化し氏名と用法を印字、注射剤は患者様別のケースに取り揃えてから病棟に届けています。

薬剤管理指導業務

  • 入院患者様やそのご家族の方に薬剤管理指導業務も行っています。
  • お薬に関する情報提供のほか、処方されたお薬が患者様に合っているか、飲み合わせの問題がないか等、他科のお薬や他病院のお薬、過去の服用歴やアレルギー歴等を確認して、副作用防止と早期発見に努めています。

DI業務

  • DI室では医薬品情報管理業務として薬の有効性、安全性、相互作用などの情報を院内に周知しています。
  • 医師、看護師からの薬に関する各種問合せにも即時対応しています。

薬事委員会開催

  • 当院における適正な薬剤使用を監視し、新しいお薬の採用提案や使われなくなったお薬の中止、ジェネリック薬品への変更、その他薬事に関すること全般を検討しています。

薬剤科長 小金澤 明央