グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




栄養課

栄養課長 長谷川 健二
私たちは“相手の立場にたって物事を考える”という事とをモットーとしております。
生活様式が多様化し食事事情も様々な現在では、食事についてお困りの方も多々いらっしゃると思います。
私たちは皆様とご一緒に、より充実した生活を送るお手伝いが出来る日の来ることを楽しみにしております。

栄養課の業務内容

患者様栄養管理多職種で連携し栄養状態の改善を行います
食事の提供患者さまのお食事を調理し提供します
栄養指導、相談お食事を通して治療食の指導や食生活のアドバイスを行います

スタッフ

私たち 栄養課は以下のメンバーで構成されています。
それぞれのポジションで食事をおいしく食べて頂き、患者様より患者様に喜ばれるよう業務にはげんでいます。
  • 管理栄養士 2名
  • 調理師・調理補助員 12名

患者様ひとりひとりの栄養管理

医師、看護師、薬剤師、言語聴覚士、歯科衛生士などで構成されたNST(栄養サポートチーム)も今年より立ち上げました。
個別の患者様に対しより効果的に栄養状態を改善させ一日も早く回復していただきたいと、私たちスタッフ一同は一丸となり取り組んでいます。

NST(栄養サポートチーム)の取組み

NST(栄養サポートチーム)は専任の医師、看護師、薬剤師、専従の管理栄養士、言語聴覚士、歯科衛生士などの多職種のチーム員で構成され、個別の患者様に応じてより効果的に栄養状態の改善をして頂く事を目的としたチームです。
それぞれの専門性をもった立場から患者様を看て、個々の患者様の栄養状態がより改善するように力を尽くしています。

入院・外来栄養指導

栄養指導風景

場所:栄養相談カウンター、個別病室

患者様のご都合に応じて随時実施をしています。
ご相談には、医師の栄養指導依頼が必要で(1人約30分程度)となっています。
腎臓(心臓)病、糖尿病、肝臓病、消化器疾患…その他栄養相談を希望される方は遠慮無く主治医にお申し出ください。

個別対応

身体状況によりおにぎりやソフト食など形態別の対応をとると共に、食欲不振の患者様には医師の許可のもと、最大限嗜好を考慮し可能な限り御希望にお応えするように努力をしております。

調理師の取組

おやつ作成時

調理師はいろいろな条件の中で、いかにおいしく作るかということを課題にしています。
当院では調理師も病棟に出向き、味付け、食べやすさなどをお尋ねし、より食べやすい食事の提供を心がけています。