グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療部  > 整形外科

整形外科

当院では、高齢者の転倒や交通事故、労働災害、その他、変形性関節症、脊椎症、関節リウマチなど整形外科の疾患を持つ患者さまの診断と治療を行っております。整形外科以外の基礎疾患や合併症がある場合でも、各診療科と協力して対応しております。
また、以下のような疾患・症状を中心に、加齢に伴って出現する体の様々な痛みのコントロールをしますが、日常生活を送るのに支障が出るほどの痛みがある場合、神経ブロック注射も行っております。
神経ブロック注射とは、痛みがあるところに近い神経に注射をすることで、一時的に神経の興奮を抑え、痛みを和らげる治療です。血流をよくする効果もあり、筋肉の張りによる痛みも解消できます。とくに、腰部脊柱管狭窄症に対して、投薬で改善されなかった患者さまには硬膜外ブロック注射を行うことで、痛みの軽減が期待できます。

対象疾患

  • 骨粗鬆症
  • 関節リウマチ
  • 痛風
  • 関節炎
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 靱帯損傷
  • むちうち症
  • スポーツ障害
  • 神経痛(坐骨神経痛・肋間神経痛など)
  • 寝ちがい
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 肩こり

症状

肩の痛み四十肩・五十肩・腱板炎
肘の痛みテニス肘
手の痛み腱鞘炎・ばね指
腰の痛み腰椎椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・変形性腰椎症
股部の痛み変形性股関節症・大腿骨頭壊死症
膝の傷み変形性膝関節症・関節水腫(水がたまる)
足の痛み扁平足・外反母趾

外来

曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前
午後

スタッフ紹介

担当資格
鍋島 清隆北里大学医学部 卒業
日本整形外科学会専門医
多久島 匡登久留米医科大学医学部 卒業
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医